グルコサミン楽楽とコンドロイチン

関節痛の緩和には,グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取したほうが良いと言われていますが、いったい何故でしょう。ここではそれぞれの成分についてやさしく説明します。

グルコサミンは、細胞と細胞を結びつける働きがあります。特にひざや腰などにおける細胞の新陳代謝において効果を発揮。もともとは体内に存在している成分ですが、加齢とともにグルコサミンの量は減少してしまいます。そうすると軟骨を作る材料が不足してしまい、関節の痛みなって表れるのです。

一方のコンドロイチンは、軟骨や皮膚中に多く存在しています。たんぱく質と結合して軟骨のもつクッション作用を形成する働きがあることが確認されており、不足してしまうと関節同士が直接ぶつかり合い、痛みを感じるようになります。グルコサミンと同様、年齢を重ねるとともにコンドロイチンの量は減少してしまいます。

上記のように、グルコサミンとコンドロイチンは関節に対して密接に関係しており、どちらか一方が欠けても関節痛は発現してしまい、両方をバランスよく摂取することが大切です。グルコサミン・コンドロイチンとも体内で作れる量は年とともに減少してしまいますので、関節痛を効果的に緩和するためにはサプリメントを摂取するのが良いでしょう。

グルコサミン楽楽では、グルコサミンを推奨摂取量の1500mg配合。最も効率的に関節痛を緩和できるサプリメントとなっております。

⇒グルコサミン楽楽の公式サイト

えがおのグルコサミン