グルコサミン楽楽の食品

グルコサミンをサプリメントで摂取することは一般的になってきていますが、ここではグルコサミンを含む食品についてご紹介します。

グルコサミンは、主にねばねばした食品に多く含まれています。具体的にはうなぎ、フカヒレ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などが代表的な食品です。

これらの食品にはグルコサミンやコンドロイチンを含む、『ムコ多糖類』という成分がたっぷり含まれています。間接の痛みがつらいときには、これらの食品を摂取すると良いでしょう。

ただし甲殻類アレルギーをお持ちの場合は、摂取できないグルコサミンもあります。そんな方には特に山芋がおすすめです。山芋には植物性のグルコサミンを含んでいますので、甲殻類アレルギーをお持ちの方でも安心してお召し上がりいただけます。

食品だけでグルコサミンを補給できれば良いのですが、残念ながら年齢とともに体内で作れるグルコサミン・コンドロイチンの量は減少してしまいます。そのため、関節の軟骨を作る材料が不足してしまい、関節痛となって表れてしまいます。

食事だけでは不足してしまうグルコサミンを効率的に摂取するには、やはりサプリメントを上手にすると良いでしょう。

⇒グルコサミン楽楽の公式サイト

えがおのグルコサミン